HOME    Tools & Material Top


 削る (Plane)

切った後に待っているのは、削るという行程。


   

 

**ルーター (DREMEL社)**

弦楽器製作家の間では余りにも有名な、米国ドレメル社のルーター。ワタクシの場合は、コイツを入手するところからギター製作が始まりました。オプションが豊富で、合体ロボよろしくアレコレとパーツがくっつく仕様は、男にはたまらんツールだと思うのですよ。

ドレメルじゃなきゃいけない理由はないので、自分の使いやすいものでいいのですが、ギター製作に特化したオプションが豊富なのは果てしなく魅力的だと思います。

 

**入手経路**

StewMacで$93.70。こいつの後継機で、400XPRという型番のが$109.89で出てます。が、このモデルで十分機能しますので、わざわざ高いモデルを買う必要もないかと。ただ1つ、注意が必要なのは、StewMacで購入すると、それが「米国仕様」だということです。早い話が、「コンセント合わねぇ!?」ってことです。詳細は次!!

 

**便利度**

 ★★★★★

 
 

 


 
 

 

**変圧器**

というわけで、買ったのに使えないルーターの為に、泣く泣く買い足した変圧器。香川のような田舎の電気屋では取り扱ってなかった。店員曰く「日本製品を海外で使えるようにする変圧器はありますが、海外製品を日本で使えるようにする物は置いてません。当然でしょう?」と、なぜか怒られてしまった。どう当然なのかよくわからんが、二度と行かんぞ、ヤ○ダ電気。鎖国でもしてるのか、キミんとこは。

 

**入手経路**

結局オークションで探して購入。¥2000くらいだったかなぁ。多分。うろ覚え。

 

 
 

 


 
 

 

**ルータービット**

ルーターを購入しても、コレがなけりゃ使えない。通常の研磨用のサンディングドラムから、インレイ用のビット、トラスロッド用のビット、バインディングビット等、それぞれあるので必要に応じて購入しましょう。

 

**入手経路**

以下StewMacでの価格。

@インレイ用ビット 各サイズ$17.95。ワタクシは一番大きいの(1/8")と、一番小さいの(1/32")だけでやりくりしてます。

Aトラスロッドビット $20.48。

Bバインディングビット $16.19~20.78くらい。ボールベアリングタイプもあるので、取捨選択を。

 

**便利度**

★★★★★

 
 

 


 
 

 

 

**DREMEL ルーターベース**

DREMELルーター専用のベース。本体を垂直に固定し、ビットの出を一定に保つことができる。

 

**入手経路**

StewMacで$52.55。決して安くはないが、あればやっぱり便利だし・・・。悩め!!

 

**便利度**

★★★★☆

 
 

 


 
   

 

** サウンドホール ルータージグ**

これもDREMELルーターに装着して使うジグ。ウクレレのサウンドホール用に購入・・・したのだが、回転径が大きすぎて使えず・・・。その回転径を小さくする改造も色々なサイトで紹介されていたが、その頃の物と仕様が変わってしまい、改造できなくなってしまった・・・。まあ、アコギやクラシックギターには問題なく使えるので、無駄ではない・・・かな。

 

**入手経路**

StewMacで$49.88。結構高いので、意地でも使ってやるんだ。

 

**便利度**

★★★☆☆

 
 

 


 
   

 

**スクレーパー**

ただの金属の板。なのだが、エッジに「返し」が付いており、色々と細かく削るのに便利。バインディングもサクサク削れる。

 

**入手経路**

StewMacで3枚セットで$20.44、バラだと、フレンチカーブが$8.48、それ以外が$5.98。どうせなら、3枚セットで大人買いだ。

 

**便利度**

★★★★☆

 
 

 


 
   

**スクレーパー パーニッシャー**

スクレーパーに「返し」を付ける専用の道具。これは・・・うーん、いらなかったかもしれないなぁ・・・。普通にエッジを研いで、返しを付けてやればいいだけだし・・・。

 

**入手経路**

StewMacで$24.98、なんと研ぎ方DVD付きだ!!見たことないが。それが不評だったのか、今は単品で$18.99、DVD単品が$6.99。どうせなら、DVDセットで大人買いだ。・・・見たことないけど。

 

**便利度**

★★☆☆☆

 
 

 


 
   

**のこやすり**

これを初めて見たときはなんじゃこりゃぁでしたね。確かに、ノコの刃で木を削った経験があったので、なるほど、と思いました。荒削り用として、ガシガシ使えます。

 

**入手経路**

ホームセンターで¥1500くらいだったはず。

 

**便利度**

★★★★☆

 
 

 


 
   

**ナットファイル**

ナットの溝を切る・・・というか、削る為の、専用のヤスリ。両面で2種類の太さの溝が切れ、3本合わせて1~6弦までの溝をそれぞれ切ることができる。

このヤスリとは別に、10本セットのナットファイルもあって、そっちが気になっております。

 

**入手経路**

ネットオークションで3本セット¥6000くらいだったかと。

 

**便利度**

★★★★☆

 
 

 


 
   

**スポークプレーン**

刃にアールの付いた、特殊な形状のカンナ。ネックの削り出しなんかに使う。

気を付けたいのは、日本でこういう刃のついた工具を買うと、すぐ使えるようにあらかじめ刃を研いだ状態で売っているのが普通ですが、外国はその逆で、刃を研いでやらないと使えない状態で送られてきます。WOODCRAFTなんかは、購入時に有料で刃を研ぐか研がないかを選択できます。$5~6取られるような気がするので、泣きながら自分で研ぎましょう。

 

**入手経路**

WOODCRAFTで$23.99。確かペンキットのついでに注文したはず。

 

**便利度**

★★★★★

 
 

 


 
 

** 旋盤 **

ギター製作には・・・あんまり使わないなぁ・・・。木ペグとか作る人にはいいかも。最近はもっぱらペン製作とルアー製作用に稼働中。

 

**入手経路**

ネットオークションでゲットした中古品。¥5000くらいだったはず。これにはもともとバイト(木を削る刃)がついていないので、別途用意しよう。

 

**便利度**

★★★★☆

 
 

 


 
 

**和カンナ**

カンナですよ・・・。大工さんはどうしてこれであれだけサックサク削れるのだろう・・・。大工道具・大工技術に詳しい先輩の話では、一番難しいのはノコを挽く技術で、カンナ作業はそんなに難しくないそうで。

確かにノコを挽くのは難しいが、同じくらいカンナも難しいと思う。

 

**入手経路**

ホームセンターで¥600くらいだったかな。洋カンナ買おうかなぁ・・・。

 

**便利度**

★★★☆☆

 
 

 


 
 

**彫刻刀**

無けりゃ無いでなんとかなるが、あったらあったで何かと便利。中学校の美術の授業以来か、彫刻刀なんて。

 

**入手経路**

嫁がくれた。

 

**便利度**

★★★★☆

 

 


  HOME    Tools & Material Top

 

inserted by FC2 system