Home    Repair Menu    Lespaul Self Repair    ←Step11    Step13→


Step 12.  その他のハードウェアの取り付け


 

   

 さあ、いよいよ仕上げていくわけです。

といっても、もうパーツを取り付けていくだけなので、これといって特に困ることもないでしょう。

写真は、いらない革の切れ端で、レザーワッシャーを作ったところです。

今回はエンドピンの部分に使用しますが、ほかにも色々な部分に使えるので便利です。

これを店で買うと「は?なんでそんなに高いの?」みたいな値段がついてますので注意。

通常のレザーの他に、オレンジのスウェードでも作ってみました。

 
 


 
   

 装着するとこんな感じ。

黒いボディーにオレンジがアクセントになって、カッコイイと自画自賛。

もちろんサイズを調整すれば、外見上見えなくすることもできます。

 
 


 
   

 ペグです。

今回はまっすぐ付けずに、写真のように、ヘッドのカーブに沿わせてみます。

理由は・・・特にないですが。

ペグのネジは頭がつぶれやすいので、あらかじめ穴をあけておいてやるのも大事ですが、細心の注意を払ってねじ込みましょう。

 
 


 
   

 ネックのジョイントプレートの部分にもスウェードで作ったパッキンを挟んでやります。

傷が付くのを防ぐとともに、ネックとボディの密着度も上がります。

はっきりいって、音に影響はほぼないと言い切れます。

これを挟んだからといって音が劣化した、というのがわかるような素晴らしい耳を持っている人は、それで飯食っていけるでしょう。

希に、ジョイントプレートを変えたら音が劇的によくなった、とかいう謳い文句を目にしますが、ちゃんちゃらおかしいです。

 
 


 
   

 ナットですが・・・。

すんません、今回はズルします。

早く仕上げたかったというのもありますが、ちょっと余裕がない状態になってきてましたので。

以後のメイキングなんかで、ちゃんとナット作ります。

今回は既存の完成しているナットを元に、溝を切っていきます。

本来はちゃんと計算してやるのですが。

 
 


 
   

 溝切り道具です。

信頼の、広島・魚地球のナットヤスリです。

隣は成形用のダイヤモンドヤスリ。

おおまかな形にジュエリーソウで切り出して、ダイヤモンドヤスリで整え、ナットヤスリで溝を切ります。

ナットヤスリは、10本セットのやつもあるので、いずれは購入するつもりです。

 
 


 
   

 完成したナットです。

ペーパーで磨いてツヤを出すわけですが、好みもあるので、そこは自由に。

ワタクシは#1000くらいまで磨いてやめます。

 
 


 
   

 はい、さすがにピッタリです。

ここにきて発覚したのですが、ヘッドのバインディングがナットに届いてません。・・・情けない。

以後気を付けます・・・。

ここからは一気に完成させてしまったので、途中の写真がありません・・・。

 
 


 
 

 椿油です。

これをウェスなんかに含ませて指板に塗り込んで磨くと、しっとりしてイイカンジに仕上がります。

 
 


 
 

 今回初めて試してみたのがコレ。

リザードのギターポリッシュ。

完全水性で、ラッカー対応だったので試しに購入。

効果は・・・普通?です。

ギターポリッシュについては、あまりこだわりがないのでこれでヨシとします。

 
 


 
 

 弦はごくごく一般的にアーニーボールのレギュラー。

弦は色々試しましたが、なんだかんだでやっぱりこのアーニーボールに落ち着きます。

コーティングを施したというコーテッドスリンキーが気になるものの、やはり手軽で確実なこっちのノーマルがベターなのでしょうかね。

 

Home    Repair Menu    Lespaul Self Repair    ←Step11    Step13→

inserted by FC2 system