Home    Repair Menu    Lespaul Self Repair    Step2→


Step 1.  パーツ取り外し・塗装のサンディング


 

さて、第1回の獲物はコレ、Bellwood製のレスポールモデルです。オークションでジャンク品として格安で入手。(ジャンクの理由はネック折れ)

写真にはすでにありませんが、ボロボロのペグとしゃびしゃびのPOTも一応ついてはいました。                      が、あまりにもボロボロしゃびしゃびすぎて、開封と同時にさくっと取り外してしまいました。 

第一印象は「軽っ!?」。レスポールってこんなに軽かったっけ?ということで色々観察してみると、なるほど軽いわけだ、ボディは合板なのですが、「レスポール・シンライン」と言ってもいいほど中身がスカスカ。うはは。

ワタクシはBellwoodというメーカーを知りませんが、おそらくは入門用の大量生産ギターかなと。ネックもボルトオンタイプでしたので、こちらもさくっとバラして、全てのパーツを取り外していきます。

 
 

 


 
 

 ボディは合板じゃ駄目とか、ネックはセットネックが常識でしょ、なんて言うシッタカちゃんの会話が聞こえてきそうですが、腕のあるギタリストは合板だろうがボルトオンネックだろうが関係なく、ビシッとイカしたリフをかましてくれます。それこそがカッコイイということだと思うのですよ。

まあ、それはいいとして、順調にパーツを外していって、最後に残った写真のヤツら。ブリッジとテールピースのアンカーブッシュですね。このまま再利用できるかな・・・とも思いましたが、よく見ると右下のブッシュがナナメに刺さって固定されています。ここは潔く諦めて、新品に交換することに決定。

しかし、いざ外そうとペンチで握るも、ピクリとも動かない。ブッシュを抜く専用の工具もあるにはあるみたいですが、高いしあんまり使わないだろうから買わない。決定。

さて、それではどうしたものか・・・。

 
 

 


 
 

 

構想として、リペイントして真っ黒のレスポールにするつもりなので、ボディに少々の傷が付くのは構いません。               シースルー塗装ではいけませんが、塗りつぶし塗装なので、パテ埋めができるのですよ。

というわけで、ルーターでブッシュの周りをグリグリ削って、強引に抜き取っていきます。

弾痕みたいになってますね・・・。

 

 

 
 

 


 
 

 

ブリッジのブッシュです。

しゃびっしゃびですね。これは抜けないわけだ。

話は変わりますが、P.U.キャビティを見てください。こいつが軽いと言った理由がわかるかと思います。

これはこれで、箱鳴りっぽくいい音しないかなぁ・・・。

 

 

 

 
 

 


 
 

 

・・・と、ここで0歳の娘が昼寝タイムに突入してしまったので、ルーターで轟音をぶいんぶいんさせるわけにはいかなくなってしまいました。

そこで不要なビス穴を埋めていきます。

穴を瞬間接着剤で埋めて、爪楊枝をぷすぷす。

エスカッション、ピックガード、ジャックプレート、エンドピンの穴を同じ要領で埋めていきます。

 

 

 
 

 


 
 

 

さて、あっという間にブッシュも外れ、塗装も落とされてますね。100~180番の空研ぎ用サンドペーパーを使いました。

色だけ落として、ボディの打痕、傷なんかを確認。最下層のシーラー?クリアーかな?の層はそのままでリペイントしていこうと思います。

(その後、やはり完全に塗料を落とすことに決定)

次はぽっかり空いた弾痕のようなブッシュ穴を埋めていきます。

 
 

 


 
   

1.2mmの檜の丸材です。

こいつをいい長さに切ってやって、ブッシュ穴にぶっしゅと差し込み、穴を埋めてやります。

 

 

ワタクシは謝りません。

 

 

 
 

 


 
     

こんな感じになります。

タイトボンドをたっぷり塗り、穴の奥までしっかりと届くように、当て木をしてハンマーでゴンゴンと打ち込みます。

同じ要領で4つの穴全てを丸棒で埋めて・・・。

周りのルーターでえぐれたミゾはどうするかというと。

 

 

 
 

 


 
     

モリモリ。

もとい、モリモリ120。

まあ、模型やってる人にはお馴染みのポリパテです。大昔、かれこれ10年ほど前に購入したストック品ですね。当時は、まさかギター製作に使用するとは思いませんでしたが。

今でも売っているのか気になって検索してみたら、がっつり現役で売られていました。

ワークアソシエイションの商品はふざけた(笑)名前のものが多く、そこが好きだったりします。

 
 

 


 
   

 いかんせん10年前のパテ、使い物になるんかな、と半信半疑ではありましたが、問題無くねるねるねるねしております。

真っ白な主剤に対し、オレンジ色の硬化剤を3%加えて練るのですが、3%なんて言われてもわからんですよ。

適当にこれくらいだろうと混ぜ合わせ、その混ざった色で判断しましょう。

写真の色は(モニター差もありますが)まあOKかな、という色です。もう少しオレンジが強くてもいいかもしれません。

経験として、硬化剤が多すぎると、削るのに苦労するほどカチコチになった記憶が・・・。昔の話なので、曖昧ですが。

 
 

 


 
   

 

こんな具合にパテで埋めてやります。

研磨可能時間として、パッケージには45分とか書いてますが、まあここは丸一日ほど寝かせておきましょう。

この時点で夜も深いですので、サンドペーパーのシャコシャコ音で娘を起こすわけにもいきません。

 

 

 

 
 

 


 
 

 

 

乾いたら削っていきます。

表板と面一まで削ってやって、パテの気泡部分を瞬間接着剤で埋めてやります。

厳密に言えば、この気泡処理も同じパテで埋めてやったほうがいいのですが、(パテと瞬着では硬化後の堅さが違う為、研磨時にムラになりやすい)まあ小さい範囲ですのでよしとします。めんどくさいし。後でフィラーで埋めるし・・・。こういう性格を直していかないといけないと思う・・・。

 

 
 

 


 
 

 

これは・・・エンドピン・ホールを同じパテ埋めした証拠写真ですね。

なんで撮ったんだろ。

次。

 

 

 

 

 
 

 


 
 

 

じゃーん。というほどでもない、模型やってる人にはお馴染みアイテムNo.2、サーフェイサーです。

模型版のフィラーのようなものですね。実はこれが結構使えるアイテムなのです。

ちなみにワタクシの作業テーブルの上には写真の水槽を置いています。小さな45cm水槽なのですが、「作業の邪魔にならんのか」というその疑問には、「ものすごく邪魔になる」とお答えしておきます。うはは。

いえ、ワタクシね、どうしても性格が雑で(A型なのに)、材や道具をついつい乱暴に扱ってしまいがちなのです。なので、これを置くことによって、水槽を割らないように丁寧に作業せざるをえない状況を作り出したわけです。おかげで作業場をこまめに掃除もするし、目の保養にもなり、効果はなかなか。

 
 

 


 
 

 

脱線した。

さて、先述のサーフェイサーが何に使えるかというと、写真のように、今回パテ埋め・研磨した部分にサッと吹いてやります。

写真はサフが乾く前の写真ですが、10分ほどして乾くと、ツヤ消しのグレー塗装みたいになって、かなり細かい傷やヘコみなんかがものすごく分かりやすく浮かび上がってくるのですよ。

なのでワタクシは、模型制作時から、下地というよりは傷の確認の為にサフを使ってきました。

 
 

 


 
 

 サフが乾いて確認したところ、微細な気泡がいくつか確認できましたが、それは塗装時のフィラーで十分に埋まると判断、あとはほぼ完璧に埋まっていたので、完了とします。

サフはペーパーでさくっと落として、ボディの下準備は終わりです。

次はネックの修理かな。

 

 

Home    Repair Menu    Lespaul Self Repair    Step2→

inserted by FC2 system