HOME    Etc Top


白熱電球でプラント電球を作る


 

大手メーカーによる白熱電球の生産が終了しました。

時代はエコで経済的なLED電球に移行していくようですが、せっかくなので白熱電球で遊びましょう。

海外のどっかのサイトに紹介されていた、電球をプラントにするオサレ製作ですよ。

小さすぎるのは難易度が跳ね上がるので、大きめから挑戦するといいでしょう。

天気予報みたいなくだりで開始。

 
 


 
 

いきなりの惨状。

電球の底の部分を、あらゆる手を使って砕いていきましょう。

ワタクシは主にラジオペンチとマイナスドライバー、ダイヤモンドヤスリを使用しての力業です。

ガッとやりゃいいんですよ、ガッと。

 
 


 
 

土は庭に余ってたガーデニング用の土を使用。

なんでもいいと思います。

白っぽい土とか黒っぽいの、砂でも泥でもなんでも。

好み、というか、センスです。

土はホイルの上に乗せて、オーブンで焼いて殺菌します。

適当です。

200℃で10分(余熱込)焼きましたが、温度と時間に何の根拠もありません。

 
 


 
 

中に入れるインテリア(?)を庭で物色します。

これは庭に打ち捨てられていた流木の欠片か、バーベキューの炭の欠片か・・・です。

小さなフィギュアなんかを入れる人もいるようですね。

好きなもん入れてください。

 
 


 
 

メインの植物はコチラ。

京都の伏見稲荷がある山から持ち帰った苔と、庭に生えていたウォーターマッシュルームです。

どちらも適度な湿り気が必要なので、相性はよさそうです。

 
 


 
 

完成図。

いい角度で留まるように、滑り止めのゴム足で固定しています。

本当はここにエアープラントを入れたかったのですが、適当な大きさのものが近所に売られていなかったため断念しました。

やってみて思ったのは、「ああ、ボトルシップなんて絶対無理だ」ということでしょうか。

他にも色々と試せそうで、なかなか面白い題材でした。

はい、ギター作らずにこんなことばっかりやってます。

謝りませんよ。

本当は、使用済みの切れた白熱電球で製作するのがエコでリサイクルで地球に優しいらしいのですが、ワタクシは新品を破壊して製作しました。

謝りませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME    Etc Top

inserted by FC2 system